閉じる
閉じる
閉じる
  1. 横浜カジノディーラーになる方法と年収入&月収入
  2. 横浜カジノゲームの確率論の考え方
  3. 横浜カジノブラックジャックの攻略法&必勝法パターン
  4. 横浜カジノゲームの期待値&還元率(ルーレット,バカラ)
  5. 横浜カジノゲームのスピリチュアル攻略必勝法
  6. 横浜カジノで勝負運&ツキを上げるゲン担ぎ方法
  7. 横浜カジノビジネスはなぜ良いのか?
  8. 横浜カジノゲームの詐欺&逮捕者防止対策(イカサマ/窃盗)
  9. 横浜カジノの来場客&利用客
  10. 横浜カジノで勝ちやすい&稼ぎやすいゲームとは?
閉じる

横浜カジノホテルIRリゾート情報

横浜カジノのギャンブル依存症対策

横浜カジノのギャンブル依存症対策

横浜カジノでは、ギャンブル依存症対策において細心の注意を払いながら営業を続けていくと考えられます。

 
とくに、自国民である日本人は世界の様々な人種の中でもギャンブルにハマりやすい国民性を持っており、すでにパチンコやパチスロ、競馬、競輪、オートレース、宝くじ、ロトなどの国内ギャンブルで多くのギャンブル依存症疑いに該当する人たちを今日まで輩出してきました。

 
その数は、2014年の厚生労働省の調査にて、日本人成人人口の約4.8%にあたる536万人にものぼっているくらいなのです。

 

この数字は、世界的に見ても非常に高すぎる割合で、横浜カジノの参考施設とされるシンガポールカジノでも、ギャンブル依存症の有病率は2014年時点で0.5%だったことから、日本人がギャンブル依存症に陥りやすい国民である可能性が見事に証明される結果となりました。

 
そのため横浜カジノでは、少なくとも日本人だけはカジノ入場料金や1週間に入場できる上限回数などを設けて、自国民のギャンブル依存症増加を防ぐ対策がとられると考えられます。

 
【予想されるギャンブル依存症対策】
日本人のカジノ入場回数は7日間で3回、28日間で10回まで。(国内居住の外国人を含む)
日本人のカジノ入場料は6,000円。(国内居住の外国人を含む)

 

また、ギャンブル依存症疑いのプレイヤーに加えて、プレイヤー本人の家族からの依頼により、カジノへの入場を一定期間禁止したり、1日に使用できる資金に上限を設けたりなど、利用制限ができるシステムが横浜カジノで導入されることになるでしょう。

 
実際2018年10月に、ヨーロッパの中でもカジノが盛んで有名なオーストリアで、スロットマシーンに莫大なお金をつぎ込んだ男性がギャンブル依存症患者と認定され、スロット製造メーカーのノボマティック(Novomatic)から損害賠償金250万EUR(約3億2,000万円)を裁判で勝ち取ったというニュースがありました。

 
この男性はオーストリアの首都・ウィーンで、2002年から約10年間にわたってノボマティック(Novomatic)社製スロットマシーンに約200万EUR(約2億5,000万円)をつぎ込んだそうです。

 
もしオーストリアカジノでカジノ場の利用制限ができるシステムが設けられていれば、このような事件を未然に防げていたかもしれません。
 

関連記事

  1. 横浜カジノゲームの確率論の考え方

  2. 横浜カジノゲームの期待値&還元率(ルーレット,バカラ)…

  3. 横浜カジノで勝負運&ツキを上げるゲン担ぎ方法

  4. 横浜カジノディーラーになる方法と年収入&月収入

  5. 横浜カジノの入場料&荷物検査(パスポート)

  6. 横浜カジノの場所と行き方(電車/バス/タクシー交通料金)

最近の投稿

  1. 横浜カジノのディーラーという職業横浜カジノで欠かせない従業員の職業と言えば「カジノディーラー」で…
  2. カジノゲームの還元率横浜カジノのゲームで勝つためには、まずはカジノゲームを確率論の視点から考える…
  3. 横浜カジノブラックジャックの定番必勝法横浜カジノのブラックジャックで勝つための攻略法を考えるにあ…
  4. 横浜カジノゲームの配当率(還元率)バカラやルーレット、ブラックジャック、スロットマシンといったカ…
  5. 横浜カジノゲームのスピリチュアル攻略必勝法横浜カジノのゲームは、スロットマシン、バカラ、ブラック…
ページ上部へ戻る