閉じる
閉じる
閉じる
  1. 横浜カジノブラックジャックの攻略法&必勝法パターン
  2. 横浜カジノゲームの期待値&還元率(ルーレット,バカラ)
  3. 横浜カジノゲームのスピリチュアル攻略必勝法
  4. 横浜カジノで勝負運&ツキを上げるゲン担ぎ方法
  5. 横浜カジノビジネスはなぜ良いのか?
  6. 横浜カジノゲームの詐欺&逮捕者防止対策(イカサマ/窃盗)
  7. 横浜カジノの来場客&利用客
  8. 横浜カジノで勝ちやすい&稼ぎやすいゲームとは?
  9. 横浜カジノIR2019年までのニュース&流れ
  10. 横浜カジノスロットマシーンのルール/やり方
閉じる

横浜カジノホテルIRリゾート情報

横浜カジノスロットマシーンのルール/やり方

スロットマシーンの基礎知識

1. スロットマシンの歴史

カジノのスロットマシンは、1898年にドイツ系移民のチャールズ・フェイによってアメリカのサンフランシスコで発明されたゲーム機器で、ラスベガスで世界初となるカジノホテルをオープンしたギャングスターのベンジャミン・シーゲル(通称・バグジー)が1946年にフラミンゴ・ヒルトン・ホテルにスロットマシンを設置したのが最初と言われています。

 
そして、このホテルに設置されたカジノスロットは、ルールを覚える必要がなく感覚的な操作で手軽に楽しめるゲーム性から、瞬く間に大ヒットし多くの人に受け入れられました。
 

2. スロットマシンの特徴

しかし、スロットマシンで容易に勝ち金を得られるかというと話は別で、通称「片腕の盗賊(One armed bandit)」と呼ばれるほど、左右どちらかに付けられたレバーを引いたりボタンを1つ押すだけでプレイヤーの投入金を吸い上げてしまうカジノ場の稼ぎ頭として、多くのプレイヤーを奈落の底に突き落としてきました。

 
現在は、3リールまたは5リールで構成された画面上で、RNG(ランダム・ナンバー・ジェネレーション)と呼ばれる乱数発生機を搭載したコンピューターシステムにより絵柄シンボルがランダムに表示され、特定の絵柄シンボルがすべてのリールに1列に並ぶ(縦・横・斜めなど様々な角度の並びがある)ペイラインが表示されると勝ち金を獲得できるようになっています。

 

ただし、スロットをスピンする前にペイラインの数を多く設定するほど1回に必要な賭け金が上がっていき、逆に勝ち金を得られる確率はその分上がります。

 
また、リールの数と絵柄シンボルの数が多ければ多いほど、ペイラインを出したりジャックポットを引き当てる確率が下がるのが普通です。
 

3. スロットマシンの種類

スロットマシンには、大きく2種類のタイプの機種が存在します。

 

1つ目は”フラットトップ“機種で、大当たりを出した時にマシンに設定された一定額のジャックポット賞金を獲得できるスロットマシンです。

 
そして2つ目は”プログレッシブ“機種で、こちらはカジノ場に設置された複数の機種、あるいは国をまたいで同じスロットマシン製作会社がリリースした同タイプのスロットが複数連結され、それぞれのスロットで遊んだプレイヤーが使って負けたお金が1ヵ所にプールされるという特徴があります。

 
そのため、プログレッシブ機種の場合、プレイされればされるほどジャックポット賞金額が増え続けていき、一度大当たりを引くと、100万ドルを軽く超える巨額ジャックポット賞金を獲得できてしまいます。

 
しかしその反面、通常は賞金額が増えるほど当選確率が低くくなると考えて良いでしょう。

 

その他、賭け金別にスロットマシンを分類した場合は、1ベットにつき5セント、25セント、50セント、5ドル、10ドル、25ドルなどの機種に一般的ですが、ハイリミットフロアやVIPルームではまれに50ドル、100ドルなど高額ベットのマシンが設置されています。

 
また、ゲームの種類ベットにスロットマシンを分類すると、映画やアニメ、多国籍文化(中国・ピラミッド・騎士など多数)等を題材とした様々なテーマ型ビデオスロットがカジノ場の8~9割を占め、その他にアナログリールとレバーを備えたクラシックスロットや、ビデオポーカー、ビデオルーレット、ビデオバカラ、ビデオブラックジャックなどが設置されているという印象です。

横浜カジノスロットマシーンのゲーム進行

1. 現金を投入する

スロットマシーンに現金(紙幣のみ対応)を入れます。
 
* カジノ場のメンバーズカードを持っていれば、マシーンのカード挿入口にカードも入れます。これにより、もしスロットで負けても、使用金額に応じてポイントを加算することができます。
 

2. プレイボタンを押す

プレイボタンを押し、画面のリールを回転させます。
 
なお、3×3タイプの機種によっては、昔ながらのレバーを引いてリールを回転させるスロットも存在します。

 
また、配当がもらえるライン数の選択もこの時に行います。
 
クラシックタイプのスロットマシーンでは、通常縦・横・斜めの5本のライン数しかありませんが、現在カジノ場で主流のビデオスロットでは、約20~30前後のライン数を設定できる機種も多いです。
 
* 最大賭け金額でベットする際は、マックスベットのボタンを押します。
 

3. ゲームを終了する

スロットマシーンの「Cash Out」ボタンを押すと、勝ち金や残額が書かれたバーコード付きレシートがマシーンから出てきます。
 
レシートは他の機種で遊ぶ際、現金紙幣の代わりとして使えるので、次にスロットマシーンで遊ぶ時に利用しましょう。
 
もし、スロットプレイを中止する場合は、キャッシャー(両替所)でレシートを現金に両替します。

 
一方、レシートが出ないタイプのスロットマシーンも存在しており、これらの機種ではカジノスタッフを呼んで、その場で現金を受け取ることになります。
 

関連記事

  1. 横浜カジノスロットマシーンの種類&おすすめ機種

  2. 横浜カジノスロットマシーンの攻略法&必勝法パターン

最近の投稿

  1. 横浜カジノブラックジャックの定番必勝法横浜カジノのブラックジャックで勝つための攻略法を考えるにあ…
  2. 横浜カジノゲームの配当率(還元率)バカラやルーレット、ブラックジャック、スロットマシンといったカ…
  3. 横浜カジノゲームのスピリチュアル攻略必勝法横浜カジノのゲームは、スロットマシン、バカラ、ブラック…
  4. 横浜カジノで勝負運&ツキを上げるゲン担ぎ方法横浜カジノのゲームには、バカラ、ルーレット、ブラック…
  5. 横浜カジノビジネスはなぜ良いのか?2018年の訪日外国人数が3000万人を超えた日本では、今後は…
ページ上部へ戻る