閉じる
閉じる
閉じる
  1. 横浜カジノゲームの確率論の考え方
  2. 横浜カジノブラックジャックの攻略法&必勝法パターン
  3. 横浜カジノゲームの期待値&還元率(ルーレット,バカラ)
  4. 横浜カジノゲームのスピリチュアル攻略必勝法
  5. 横浜カジノで勝負運&ツキを上げるゲン担ぎ方法
  6. 横浜カジノビジネスはなぜ良いのか?
  7. 横浜カジノゲームの詐欺&逮捕者防止対策(イカサマ/窃盗)
  8. 横浜カジノの来場客&利用客
  9. 横浜カジノで勝ちやすい&稼ぎやすいゲームとは?
  10. 横浜カジノIR2019年までのニュース&流れ
閉じる

横浜カジノホテルIRリゾート情報

横浜カジノゲームの確率論の考え方

カジノゲームの還元率

横浜カジノのゲームで勝つためには、まずはカジノゲームを確率論の視点から考える必要があります。じつはカジノゲームは、宝くじや競馬・競輪、パチンコ・パチスロなど他のギャンブルと比較して、プレイヤー側に勝ちやすく作られたゲームになっており、これは他のギャンブルに比べて還元率が高いという事実からも証明することができます。

 

 
* 上記では”オンラインカジノ“と表記されていますが、通常のカジノ場のゲームも還元率は同じです。

 
還元率とは、平均して1回のベットでプレイヤーに返ってくるベット金額のパーセンテージを表しており、この値がカジノゲームでは「約97%前後」となっています。例えば、1回につき10,000円ずつをゲームに賭けていた場合は、9,700円ずつプレイヤーに返ってくることになるということです。カジノはギャンブルの一種なので、確率論上は1回賭けを行うごとに約3%分の資金が失われることになってしまいますが、それでも他のギャンブルに比べれば圧倒的にプレイヤーに有利なギャンブルゲームであることが分かります。

 
また、カジノゲームの中でも、たとえばブラックジャックは、「ベーシックストラテジー」や「カードカウンティング」を上手に活用することができれば、還元率101%以上を実現することも難しくはなく、さらにテキサスホールデムにいたっては、プレイヤーのスキルの高さが勝敗に影響する要素が強いため、ギャンブルというよりは麻雀やバックギャモンに近い頭脳ゲームの位置付けとなっています。実際、ポーカープレイヤーが人気職業の1つとして確立している国も多く、プロプレイヤーとして生計を立てることもできるくらいなのです。

“大数の法則”と”ギャンブラーの誤謬”

カジノゲームでは、あくまでカジノ胴元が敷いた確率論の枠組みの中でゲームプレイしている場合のみ、還元率が約97%前後になるということなので、既定レールを逸脱するようなベッティングを行うことができれば、プレイヤー自身で幾分勝率をコントロールすることも可能だと言われています。そして、そのカギを握っているものこそが「大数の法則」と「ギャンブラーの誤謬」です。

 
まず「大数の法則」とは、気が遠くなるくらいの回数カジノゲームをプレイし続けた場合、ゲームの勝敗結果があらかじ各ゲームに設定された還元率に近づいていくという確率論上の法則です。つまり、プレイヤーのカジノゲームプレイ回数が多ければ多いほど、カジノ胴元側がまるで場代を徴収するかのように確実に利益を生むようにカジノゲームは作られているということです。

 
そのため、プレイヤーの戦略としては、「大数の法則」が働きずらくなるなるように、1回1回の賭け金額を同じくらいの金額に定めず、各回で大きく賭けたり小さく賭けたりを調整する方法をとると良いかもしれません。また、1クールのゲームでプレイ回数を重ねず短時間で終わらせて、次回のゲームプレイの時は心機一転した気持ちで勝負に望むという方法もオススメです。

 
2つ目の「短時間プレイ」に関しては、たとえば還元率約98%の「バカラ」でバンカー側とプレイヤー側のいずれかにベットする試行を1,000回繰り返した場合、100人中32人が確率的にプラス収支でゲームを終了することになり、一方でこのプレイを10,000回繰り返した場合は、約8%のプレイヤーが最終的に勝ち越すことができるという事実からも、なるべく短い時間で勝負をつけることで勝ち越す確率が上がると考えることができます。

 

次に「ギャンブラーの誤謬」については、たとえばトランプを数回引いたときに赤マークが連続して出現した場合、次に引いたカードはそろそろ黒マークになる可能性が高いだろうと予想することを言います。これは、複数回連続で同じ色のカードが出たから、次は確率的に別のマークのカードが出現するという「バランス思考」から生まれる心理ですが、本当は1回ごとに出現するマークの色は独立事象で生じるものなので、実際には作為なくランダムに偏りが起こることが普通であって、次のカードの色が赤マークになる可能性も黒マークが出る可能性もそれぞれ50%の確率ずつになっているのです。

 
もちろん、気が遠くなるくらいトランプカードを引く回数を積み重ねると、次第にバランスが取れて、赤マークと黒マークが出現する枚数はほぼ半分ずつに収束されていきますが、通常のゲームの中でバランスが取れるくらいの試行回数を積み重ねることはほとんどなく、多くのケースでは次も赤マークのカードが出るケースが多いと言えるかもしれません。

結論

このように、確率論の視点からカジノゲームを考えた場合、還元率がより高いゲームを選択して、長期間プレイし続けずに少ないプレイ回数で勝負の決着をつけることが、最も勝てる可能性が高くなると言えるのです。そのため、カジノゲームの中では「バカラ」や「クラップス」、あるいは「ルーレット」の「赤か黒」「奇数か偶数」といった二者択一に近いゲームがプレイヤーにオススメのゲームとなります。
 

関連記事

  1. 横浜カジノの身分証明書&メンバーズカード

  2. 横浜カジノの予算&通貨(円/ドル/ビットコイン)

  3. 横浜カジノゲームのスピリチュアル攻略必勝法

  4. 横浜カジノの場所と行き方(電車/バス/タクシー交通料金)

  5. 横浜カジノゲームの期待値&還元率(ルーレット,バカラ)…

  6. 横浜カジノのゲームレート(ミニマム&マキシマムベット)…

最近の投稿

  1. カジノゲームの還元率横浜カジノのゲームで勝つためには、まずはカジノゲームを確率論の視点から考える…
  2. 横浜カジノブラックジャックの定番必勝法横浜カジノのブラックジャックで勝つための攻略法を考えるにあ…
  3. 横浜カジノゲームの配当率(還元率)バカラやルーレット、ブラックジャック、スロットマシンといったカ…
  4. 横浜カジノゲームのスピリチュアル攻略必勝法横浜カジノのゲームは、スロットマシン、バカラ、ブラック…
  5. 横浜カジノで勝負運&ツキを上げるゲン担ぎ方法横浜カジノのゲームには、バカラ、ルーレット、ブラック…
ページ上部へ戻る